激安オリジナル歯ブラシを比べてみた!どこがベスト?

イオン

歯は一生付き合っていくもの。

まあ、お金がある人は、インプラントとか出来るけど。

ども はちゃ です。

インプラントでも、安い所で20万円/本から ってことで、とてもそんなに払えません。

しかも、神経を抜くから、食事のおいしさも半減らしいし。

 

そんな私は、日々歯を磨きます。

消耗品の歯ブラシこそ良い性能を!と思ってます。

そして、歯ブラシの形にもこだわりが有ります。

世の中には、山切りカット とか 極細 とか いろいろありますが、私は断然

2種類の毛先を持つ極細です。

通常の毛先だけだと、歯周ポケットに届かない気がするし、

極細だけだと歯の表面が磨けていない気がして。

 

そんな、2種類の毛先を持つタイプですが、gumとかの有名品は高いんで、

オリジナル商品を日々探しています。

 

そんな私の今の2大購入候補が、以下に挙げる、

ゲンキー と イオンビック のオリジナル商品です。

   

ゲンキー

価格:98円 +消費税10% (価格は2020年10月現在)

原産国:日本

販売会社:エビス株式会社

 

使い心地は、最高です。

間違いない品質!。

 

イオンビック 

価格:90円 +消費税10% (価格は2020年10月現在)

原産国:中国

販売者:イオン株式会社

 

使い心地は、こちらも良い感じで使えてます。

ただ、日本が大好きなので、ゲンキーと比較して中国製というところが引っ掛かります。

 

2本を並べてみた

柄が緑の方が、ゲンキー(ふつうヘッド)、赤がイオンビック(コンパクトヘッド)

もちろん、どちらの製品もヘッドの大きさと種類は豊富にあります。

今回たまたまこのサイズを買っただけなので。

見た感じは、まんま同じですね。

コンパクトになると、毛の列が1列減っている所なんかも同じです。

もしかしたら、同じ製造装置を使っているとか?

 

また、柄の形が、

ゲンキーがストレート

に対して、

イオンビックは若干内側にカーブ

しています。

そのあたりの好みで変わってくると思います。

 

同じ性能なら、価格の安い方が良いですよね。

価格はイオンビックさんの勝ち!

 

今後しばらくは、耐久性も比較してアップしていきます。

 

では、また私のコスパセンサーに反応が出たらアップします。 

AMAZON
イオン ゲンキー 節約
はちゃをフォローする
はちゃろぐ
タイトルとURLをコピーしました