リコピンも豊富。本場トルコから来たトマトジュース!@ゲンキー

ゲンキー

トマトの成分 リコピンには抗酸化作用が有る。

それ、トマトジュースを買いに行こう!

ども はちゃ です。

本当に若返るなら飲むしかないでしょう!

しかし、今の所諸説ありです。

 

そんな日本でも一般的に食べられるトマトは数々の1位を記録しています。

簡単に挙げると、

・野菜生産量世界一(1億2000万トン以上)

・好きな野菜1位(日本)

・遺伝子組み換え作物第1号(1994年 アメリカ)

です。

大人気ですね。

 

また、トマトのイメージが強い国と言えば、イタリアではないでしょうか?

地中海の気候がトマトに合っているのでしょう。

今回の商品はそんなイタリアのすぐ近く、トルコからです!

なんといっても、世界3大料理の国ですから。

 

諸元

購入場所:フード&ドラッグ ゲンキー

価格:128円 +税8% (価格は2020年10月現在)

内容量:1000ml

生産国:トルコ

 

1日に必要なリコピン量15mgをコップ1杯(200ml)で摂れるそうです。

ちなみに、一般的な生食用トマト100gのリコピン含有量は3mgなので、必要量を摂るには、5個も食べないといけません。

なんて効率的にリコピンが摂取できるのでしょう!

  

しかも、おいしい食べ物のイメージしかないトルコの商品!

期待せずにはいられない。

 

で、早速飲んでみましょう。

うまーい!

 

まさに「トマト」ですね。

カゴメのトマトジュースとかと違って、

トマトをそのままミキサーにかけたようなドロドロ系です。

酸味と甘みがあり、トマトそのままを飲んでいるような。

缶詰のトマトをすりつぶしただけのような。

それでいて、不思議と種が見当たりません。

 

これはすごい。

一気に気分は地中海です。

トルコの安ホテルの朝食で飲んだトマトジュースの記憶がヨミガエリマス。

 

オレンジジュースに続いて、私的メガヒットです!

最近オレンジジュースをゲンキーさんで見かけないので、ちょっと心配していたのですが。

 

料理にも

カゴメのトマトジュースなんかは、料理に使うにはシャビシャビすぎますが、このトマトジュースはそのまま躊躇なく使えます。

例えば、

・野菜と肉とこのトマトジュースだけを使った、水を使わないカレー

・簡単チキンとレンズ豆、ニンニク、コンソメのトマトスープ煮込み

・トマトジュースで造るノンアルコールカクテル:バージン・メアリー

とか。

 

この中で明らかに作り方がわからない、3番目のバージン・メアリーの作り方だけ載せます。

材料

・トマトジュース200cc

・タバスコ レモン汁 ウスターソース 各2dash

調理法

1.材料を混ぜる

だけです。

ちなみに、2dashとは、2~3振り の意味です。

即マドモアゼルの世界に。

 

いや、最高ですね。

 

結論

そのまま飲んでも、料理にも使える濃厚トマトジュースが128円/Lと安く買える!

 

ゲンキーさんには感謝でですね。

 

では、また私のコスパセンサーに反応が出たらアップします。

AMAZON
ゲンキー 節約
はちゃをフォローする
はちゃろぐ
タイトルとURLをコピーしました