投資初心者に送るアドバイスはただ一言これだけ!

投資

投資のプロに歯向かうな! 

ども はちゃです。

最初に言っておきますが、投資初心者は、

今すぐ、インデックス型投資信託を、長期、分散、積立て で購入設定するべき!

 

何故なら

私が相場と付き合いだしたのは確か2005年頃。

まだリーマンショック前で、ITバブルからの復活相場によりFXは長期円安相場、株は右肩上がりで誰がやっても勝てました。

例に漏れず私も始めた当初は快進撃で、こんな簡単に儲かって良いのか、サラリーマンをやっていく必要があるのか、位まで思っていました。

そんな中、リーマンブラザーズが破綻し、ご存じリーマンショックが起きました。

すぐに相場は反発するだろうと思って、逆張りしまくっていたら、底抜けに相場は下がり続け、追証に次ぐ追証で、気づけば歴史的底値で損切。

あの明け方は忘れられません。でもすぐ同じ失敗しちゃうけど。

有りがちな展開ですが、損切した直後に相場は一気に回復。これぞ、素人が投げ売り相場に参加(投げ売る方ね)した という事に後に気づくのでした。

そんな私も、これではいかんと、まじめに本を読み漁り、ジェシー・リバモアやその他伝説の相場師の自叙伝、パン・ローリングの分厚い本の代表格 投資集団タートルズシリーズ、はては誰でも出来るチャートの見方、等々図書館の相場関係の本はほとんど読みました。

そして、今度こそ人生一発逆転が私なら出来ると妙な自信の元、再度小遣い貯めて、持ち物を売って、お金を作って相場に挑むのでした。

結果は、ご想像の通り惨敗。

はちゃ
はちゃ

やってしまった。もうやらないでおこう

と心に誓ったのでした。

 

そんな中、去年の6月に勤めている会社で確定拠出年金が導入されました。

その時に初めて、長期、分散、積立てでインデックス型投資信託という存在を知りました。

それまで投資信託という名前は知っていましたが、プロだけが買える物だと勝手に思い込んでいました。

そして、驚愕の歴史に裏打ちされた統計的データを私は知ってしまったのです。

がーん。。。

20年以上の長期で見ると、短期裁量取引で長期分散積立てに勝つ事はほぼ無い。一握りの天才を除いて。

自分なら勝てると信じていましたが、そんなわけ無いですよね。

どこにでも居る凡人なんで。あのベア相場の天才といわれるジェシー・リバモアでさえ、晩年は相場を読めず損失を繰り返し、最後には自ら命を絶つという、あの歴史的天才でさえそうなので、自分は言わずもがなですね。

それに気づくのにずいぶん長い期間とお金を無駄にしました。

結局、この資本主義の世の中、経済は必ず成長(むしろ膨張)する生き物(でなければ、発展なんてあり得ない)なので、経済発展全体、言い換えればその本質である株式、債券の膨張にかけた方が、良いに決まってます。

自分でも買える商品だと分かったので、そこから積立てNISAや各種投資信託の事を勉強し、今回の結論に達しました。

今まで私が無駄にした時間を皆さんにかけてほしくないので、だまされたと思って、投資を始める前によーく調べて下さい。

疑問を持って調べたらたくさんの情報が出てくるので。

また積立てに関連して受けるよくある質問で、「積立て投資を始めるタイミングはいつが良いですか?」と有りますが、答えは「今すぐ」です。

相場が下がった時でもありません。

今週末でもありません。

ましてや、仕事が落ち着いたらでも有りません。

相場を自分で判断すると、私のように後悔するでしょう。そして大事な時間(Time is money  これ まぢ 本当)を失うでしょう。

 

結論

インデックス型投資信託を、長期、分散、積立て で自動購入設定 そしてあとはその存在を忘れろ!

 

基本の積立てNISAを解説します。

AMAZON
投資
はちゃをフォローする
はちゃろぐ
タイトルとURLをコピーしました