ひと工夫で激変!急なお客様に粉末茶@ゲンキー

ゲンキー

年末年始には稀にお客様が来ますよね。

そんな急なお客様にも笑って(心に余裕を持って)お茶を出せると、なんかカッコよく映りません?

いつもお手軽便利な準備が出来ていると良いですよね。

今回はそんなお話です。

  

私は、普段からゲンキーさんの粉末茶を愛飲しています。

静岡茶の良い所を全て摂取出来るおススメの粉末茶@ゲンキー
静岡産のお茶100%を使った粉末茶を紹介します。ゲンキーさんのオリジナルブランド「わが家の美味しさ」シリーズの一つです。購入価格は298円+税。内容量は、80gもあり、約200杯分になります。1杯当たりのコストは、...

ただ、単に溶かすだけだと、粉末茶である事がわかっちゃいますよね。

そんな時にたったひと工夫するだけで、お客様にも出せるようなお茶に大変身!

 

お茶を入れる基本

お茶を入れる際に気を付けたい基本が、お湯の温度です。

良く飲まれている煎茶(ゲンキーの粉末茶には緑茶としか表記が有りませんが、煎茶の一種と理解しています。)は、70~80℃位が、香りが立ち、渋みがあまり出ず良い温度と言われています。

60℃くらいまで温度が下がると、渋みが強く感じられます。

よって、お湯が沸騰したら、湯飲みに注いで、湯飲みを温めながらお湯の温度を80℃くらいに調整できると良いですね。

 

ちなみに、高級なお茶は、例えば玉露とか、は、60℃程度でゆっくり入れます。

そうする事により、お茶の甘みが引き立ち、渋みも出にくいです。

とお茶屋さんがおっしゃっていました。

 

粉末茶を入れる際の注意点

ゲンキーさんの粉末茶はおいしいのですが、そのままお客さんに出すには、溶け残りが若干出るために、舌触りが良くありません。

湯飲みの底に溶け残りが溜まるのも、お客さんには宜しくありません。

そこで、その溶け残りを防止する為にする、ただ1点。

「上澄みだけをお客様に出す!」

 

はちゃ
はちゃ

方法はカンタン

一度他のコップにお湯と粉末茶を入れてかき混ぜた後に、1分ほど置いて、下に粉末茶が沈殿したら、その上澄みだけをお客様に出す湯飲みに入れてお出しするだけ。

その際に、お客さん用の湯飲みは温めておいてくださいね

温度が下がりすぎると思うので。

こうする事で、かのCMみたいに、まるで急須で入れたような、すっきりとした中に茶葉の甘みが感じられ、本格的なお茶の味になります。

飲み終わた後も、湯飲みの底にガラが溜まらないので、粉末茶である事がわかりません。

出来たら、お湯の温度は、お客様が飲む際に70℃くらいになっているとベストだと思います。

 

まとめ

急なお客様が来ても、手軽な粉末茶でおいしいお茶をスムーズに出すと出来る人みたい。

その出し方は、粉末茶を溶かした上澄みだけを、お客様に出す事。

お湯の温度は、ゲンキーの粉末茶なら70℃程度がおススメ。

 

2020年もあと少し。

では、皆さん 良いお年を。

 

AMAZON
ゲンキー 節約
はちゃをフォローする
はちゃろぐ
タイトルとURLをコピーしました