お魚ソーセージはどこまで安くなる?イオンのトップバリューはトップを取れたのか?

イオン

気づくと家族全員何かしらの運動を始めてました。

ども はちゃ です。

高校では帰宅部に熱心になり、運動とは無縁でしたが、10年ほど前から運動を始め、最近やっと動ける体になってきたと思ったら、逆に老化の始まりを肌で感じています。

わがままさんもあまり運動系はしなかったのですが、学校に通うようになり、運動系のクラブ活動や武道なんぞ始めて、いつも腹を空かしています。

そんな事だから簡単に小腹を満たせる魚肉ソーセージを常備しています。

お菓子を食べるよりいいでしょ!

 

同じ品質なら、安い方が良いよね。

今までは、ゲンキーさんをヘビロテしてましたが、今回強敵を発見しました。

 

イオンビックのトップバリュー

購入場所:イオンビック

価格:137円 +税8% (価格は2020年10月現在)

内容量:70gx4本 計280g

製造:日本水産株式会社

味はお墨付き!ニッスイさんですから。

しかも開けやすい!開けやすさでは一番かも。

更に今話題の栄養素 よく調べました!

1本(70g)あたり

・EPA 0.09g

・DHA 0.27g

・タンパク質 6.9g

含有。

 比較として、マルハニチロの魚肉ソーセージを見てみました。

 

マルハニチロはどうだ?

価格:158円 +消費税8%

 

1秒オープンを謳うだけあって、開けやすいです。

イオンビックさんと素晴らしい勝負です。

 

マルハニチロさんは、カルシウム推しです。

カルシウム含有量は、

イオンビックの 0.603g に対し、

マルハさんは 0.689g 

カルシウムでは、マルハニチロさんの勝ち。

タンパク質は、

イオンビックさんの 6.9g に対し、

マルハニチロさんは、6.7g で

イオンビックさんの勝ち。

  

大きさは、どちらも70gですが、若干違うような、

上がイオンビックさん、下がマルハニチロさんです。

 

で、皆さん疑問に思いません?

マルハニチロさんの方が同じ70gなのに短いし、端っこの止めが金属製なんですよ。

つまり、金属の重量を引いた実内容量で見ると、マルハニチロさんの方が少ないとか?

 

で、マルハニチロさんの重量を測ってみました。

はちゃ
はちゃ

よかった~ 

キッチンスケールの誤差が有るけど、

1本の実重量は、72g

実内容量は、71g

包装が、2g 

全く問題ありませんでした。

 

私の勝手な疑惑は晴れましたが、もう一つ大きな問題の価格があるので、

どちらかを選ぶなら、イオンビックさんですね。

 

では、今私的価格請求力最強のゲンキーさんと比べたらどうか?

ゲンキーさんと比べてみた。

ここでは、価格だけで見ます。

ゲンキー:55gx5本 計275g/148円+消費税

 53.8円/100g

イオンビック:70gx4本 計280g/137円+消費税

 48.9円/100g

 

キタ――(゚∀゚)――!!

イオンビックさんが更新してきました!!

凄いですね。

今後は、イオンビックで購入していきたいと思います。

大企業の力ですね。

でも、まだまだ安い所探していきますよ。

 

では、また私のコスパセンサーに反応が出たらアップします。

AMAZON
イオン 節約
はちゃをフォローする
はちゃろぐ
タイトルとURLをコピーしました