暗号資産ってどうなの?

投資

投資先は、株式。

価値の保存は通貨。

が今までの世界の常識。

今後そのどちらも担うのが、

 暗号資産  かも

ども はちゃです。

 

成長する市場と言えば、今までは、株式市場に投資するのが、一般的でした。

そもそも株式って何?

 

目次
  • 株式とは
  • 通貨とは
  • 暗号資産とは
  • 結論
  • 今後

 

株式とは

株式を買うという事は、株式会社の地位、や権利を買う という事です。

もちろん私も買い続けています。

投資家から見たら、株式会社が利益を上げれば、その利益を分けてもらう。だから株式を保有する。

株式の保有は、証券会社や東証などの取引所によって、自分が持っている事を証明してもらいます。

だから、みんな安心して大金を投じているんですね。

では、会社側から見たらどうか

資金が無いけど事業を始めたい。

そこで、信用の有る株式を発行する事によって、

資金を出してもらって自分の事業が始められます。

 

このような株式の仕組みが出来ているから、経済成長に乗って株式市場も成長してきました。

では、そんな株式の役割を、他の手段でもっと簡単に出来たらどうなるでしょうか?

価値保有を証明出来て、資金調達が容易な手段が有ったら。。。

そこに生まれる経済の成長に賭ける選択肢 考えませんか?

それが暗号資産だと考えます。

 

もう一つ、もともと通貨 と言われてたけど、そもそも通貨って?

 

通貨とは

決済のための価値交換手段であり、発行できるのは、国家、もしくは、その地の統治主体の信用によって価値が担保されているもの です。

もし国家に信用が無ければ、価値が担保されていないという事により、その流通通貨の価値が下がるという事。

例えば、トルコ とか。

 

では、暗号資産(仮想通貨)は信用有るの?

 

暗号資産(仮想通貨)とは

サトシ ナカモト が始めた暗号資産(仮想通貨)代表としての、皆さんおなじみ、ビットコインを例にして、その特徴2点挙げます。

・保有、取引情報を世界のみんなで保証。

・発行量が決まっている。

 

1点目の 保有、取引情報を世界で保証 ですが、

ビットコインの取引情報は、約10分ごとに世界中の人たちが、記録を承認しています。

その承認が最も早くできた人だけが、新たに発行するビットコインを得る事が出来るのです。

その為に、世界中で承認作業を競っています。

つまり、取引記録や、保有情報を変えようと思っても、出来ないのです。

信用 有りますよね? 

じゃあ、ビットコイン全てをコントロールしようって事で、半分以上の記録作業して、自分の思う通り変えれば大金持ち?

いやっ 半分取るのにどれだけの計算能力の投入が必要か!

また、半分取れたとして、その瞬間に、世界にその事が知れ渡るので、ビットコインの価値は暴落します。

頑張って半分以上とったのに、その瞬間、価値激減。

誰もチャレンジしないでしょ。

やっただけ損です。

 

2点目の 発行量が決まっている ですが、

一般的に、国の通貨は、その経済規模の膨張に合わせて、通貨をどんどん発行します。

貨幣流通量は、どんどん増えるという事です。

また、経済がうまくいっていない国は、より多くの通貨を発行し、

結果、その通貨の価値がどんどん下がります。

下がることによって、輸出産業は安く海外に物が売れるので潤いますが、国民は、自分のお金の価値がどんどん下がるので、イヤですね。

これは、国家次第なので先が見えません。

で、ビットコインはというと、発行量がどんどん少なっていく事がすでに決まっています。

つまり、通貨発行による価値の減額するかしないか、ある程度見えているという事です。

もし、この通貨を欲しいと思っても、今後発行する量が決まっているので、高いお金を出して購入するしかありません。

市場に無いのですから。

 

更にもう一つ、ビットコインではないが、暗号資産(仮想通貨)の特徴を追記すると、

暗号資産(仮想通貨)を独自に発行して、投資家から資金を集めれる です。

先に挙げた、自分の価値保有を証明出来て、資金調達が容易な手段が有ったら。。。  の答えですね。

すでに、暗号資産(仮想通貨)の発行による資金調達は世界中で行われています。

ホワイトペーパー1枚で数億の資金調達 なんてごろごろしてます。

ただし、玉石混交なので投資家が参入するには、見極めが難しく、今はちょっと下火です。

 

しかし、株式を発行するよりも遥かに手軽なので、今後株式にとって代わるのではないかと考えています。

株式の代替えになったら、資金は暗号資産(仮想通貨)に移り、株式市場は縮小するかもしれません。

今投資している投資信託の価値が下がるじゃん!!

やばくね?

 

結論

暗号資産(仮想通貨)は、通貨の代わりであり、株式の代わりになりうる  

と私は思う。

いつからかはわからないけど。

 

今後

さて、そんな良い事ばかりの仮想通貨ですが、なかなかその価値が上がりません。

世界中の少額投資の個人主体では、ちょっと上がったら売られたりしてしまいます。

価値自体は青天井なので、本気で上げを狙う大口機関投資家が参戦してこないと、大幅上昇は見込めません。

でも、大口機関投資家は、安全でないと投資しません。

ハッキングされるなんてもってのほか。

ただ、近年コールドウォレットの考え方も浸透し、ハッキング対策も整備されてきました。

また、機関投資家向けに、大手証券会社から十分に安全が担保された商品も出始め、投資しやす投資信託商品も出始めています。

つまり、大口さんが参戦しやすい環境が整い始めたという事です。

投資の市場には、各国中銀が発行しまくったお金が潤沢に有ります。

実際、金は爆上げしました。

機関投資家は、何かに投資して今期末までに利益を上げなければいけません。

環境は整いました。

短期目線ですが、今期末に向けて、暗号資産(仮想通貨)に注目していきましょう。

 

以上のように、短期でも注目、長期でも注目です。

どうですか? みなさん!

 

次回は、暗号資産(仮想通貨)の実際は? をアップします。

 

AMAZON
投資 暗号資産
はちゃをフォローする
はちゃろぐ
タイトルとURLをコピーしました