気になる激安鰹節はどこが買いか?比較してみました

イオン

コンビニのおにぎりを買うとき、2個目には大抵おかかを選ぶほど鰹節が好きです。

ども はちゃ です。

一番ではないんですけどね。

コンビニで買うときは、大抵イレギュラーな時なので、贅沢にまずタラコとかに手を出します。

そんな私は、小さいころから鰹節の味に染まっているので、冷ややっことかには鰹節をかけます。

 

そんな鰹節を愛し、コスパを愛する私が、どちらを買おうかいつも悩ませてくれる一品を、今回比較してみました。

最近多い組み合わせの、ゲンキーさんとイオンビックさんです。

 

ゲンキーの鰹節

購入場所:ドラッグストア ゲンキー

価格:198円 +消費税8%(価格は2020年10月現在)

内容量:2gx15袋 計30g

13.2円/一袋@2g

原産国:日本

種別:薄削り 

 

格安削り節は、破片が多い中、削り節 で頑張ってくれています。

薄削りの場合、風味が良いんですよね。

 

では、私の中でライバルのイオンビックさんは??

イオンビックの鰹節

購入場所:イオンビック

価格:187円 +消費税

内容量:2gx22袋

8.5

円/1袋@2g

生産者:株式会社マルモ

原料:インドネシア

 

種類は、砕片です。

味は、合格!

価格は、驚きの8.5円/1袋! ゲンキーに比べて、35%も安いです!

 

比較してみた

まずは、個装袋から

左が、ゲンキー 右が、イオンビック です。

わかりにくいので、出してみました。

こちらも左が、ゲンキー 右が、イオンビック です。

こう見ると、ゲンキーさんの方が削り節っぽい形を維持しているのに対し、イオンビックさんは、砕片っぽさが出てしまいますね。

イオンビックさんは、若干粉っぽい感じです。

食味は、ゲンキーさんの方が、良い感じです。

値段は、断然イオンビックさんです。

イオンビックさんは、出汁袋に入れて、出汁を取るのに良さそうです。

買う立場としては、値段とのせめぎあいですね。

 

では、コスパを愛する私が、冷ややっこをお安く食べるとすると、いったいいくらで食べてるのか確認しました。

今回は、ゲンキーさんの材料で作ったとして、例を挙げます。

鰹節たっぷりの冷ややっこって、家で作ると、いくらで出来る?

はい。27.7円+税 で出来ます。

今回の例では、ゲンキーさんの19円/丁の豆腐、半丁に今回紹介する鰹節2gの袋を全部かけて出来てます。

ネギは、一束168円+税なので、5円としてます。

これでオカズ1品です。

安くておいしく、タンパク質も摂れます! 

まとめ

味で選ぶなら、ゲンキー。

値段で選ぶなら、イオンビック。

 

その時々の気分で使い分けたいと思います。

はちゃ
はちゃ

でも、必ずどっちかで買うんですよね。

どっちも好きだから!

 

では、また私のコスパセンサーに反応が出たらアップします。

AMAZON
イオン ゲンキー 節約
はちゃをフォローする
はちゃろぐ
タイトルとURLをコピーしました